bg smartphone

mag-logo

hellow-world

2018年、もっと夢中にするメディア「マグ」誕生

VER 0.0.1
POST 392

MAG mag-beta-white

navi-open navi-close

Oculus Goを堪能できるゲーム5選 ── まったり遊ぶ釣りゲームから混乱必至のメタVRゲームまで

REVIEW

GAME

2018.08.24 FRI

「VR元年」と呼ばれた2016年以降、さまざまなヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)やコンテンツが登場し、シーンを盛り上げている。そんななか最近注目されているのは、PCやスマホに接続せずとも、単体でVRコンテンツが楽しめる「一体型VRヘッドセット」。

なかでも、今年5月に発売されたOculus Goは、32GBモデルが2万3,800円と、他と比べて低価格で購入できるのが魅力的だ。高音質スピーカーの搭載や操作のシンプルさなどデバイス自体の特徴は、すでに報じられているので置いておくとして、気になるのは「楽しいゲームが遊べるか」だろう。

Oculus Goを購入して、さっそくいくつかのゲームを試してみたところ、幸運にも「面白かった」「やってよかった」と思える作品に出合えた。今回は、Oculus Go購入者にぜひ遊んでほしいゲーム5選をご紹介したい。

Bait!

Oculus Goに限らずHMD購入直後は、できるだけVRっぽいコンテンツを体験しようと臨場感ある作品を求めたが、それは同時に「VR酔い」との戦いになる。ジェットコースターのような動きの激しいコンテンツを体験した際は、たしかに革新性を感じるのだが、一方で乗り物酔いしやすい体質の筆者は、「気持ち悪くなるから、積極的には遊べないな……」とも思ってしまった。

そうした意味で、自然のなかでまったりと釣りを楽しむ『Bait!』は、万人にオススメできる作品である。周りを見渡す自由はありつつ、固定された場所からの視点となるため、意図せぬ視点移動でVR酔いを引き起こすことはない。

ゲームの内容は、経営難の水族館で働くプレイヤーが、展示用に珍しい魚を釣るというもの。日本語対応はないものの、特定の種類や大きさの魚を釣ることが簡単な英語で指示され、達成後には次の指示が出されるため、何をすればいいのか悩むことはないだろう。

ストーリーを進めると、釣りが行えるスポットも増えていく。カラッと晴れた青空が気持ちよい「OCEAN LAKE」や木漏れ日が幻想的な「SHANDY SWAMP」、秋の紅葉を思わせる「CHERRY FALLS」、洞窟の中で珍しい魚が釣れる「SECRET SANCTUARY」など、雰囲気が異なるスポットを用意。それぞれ釣れる種類が違うので、狙っている魚が釣れないようなら場所を変えてみよう。

釣りの方法も簡単だ。ポイントを決めて釣り針を投げ込んだ後、「!」のマークが出たタイミングで、釣り竿を引き上げたらヒット。あとは魚影の上に表示されるメーターが最大まで上がらないよう注意しながら、リールを巻いていくと釣り上げることができる。魚が抵抗する際にリールを巻くとメーターが溜まってしまうので、様子を見ながらリールを緩めることも必要だ。

メインストーリーは、5〜6時間あればクリアできる。その後のやりこみ要素としては、ゲームに登場する魚を、すべて釣り上げることが目的になるだろう。

なお、本作品は無料で遊べるのもうれしいところ。Oculus Goでゲームを楽しみたいなら、まずはBait!をダウンロードしてみよう。

Bait!
https://www.oculus.com/experiences/go/967457083325115/

Land’s End

VRの醍醐味のひとつに「世界観に没入すること」が挙げられる。360度どこを見回しても途切れることのない映像が没入感を生み、まさにこのゲームの世界に入り込んでいる感覚を味わうことができる。

美しい風景を眺めながら、幻想的な世界にひたりたいなら、『Land’s End』を勧めたい。ジャンルはパズルゲームだが、穏やかな波打ち際や朽ち果てている遺跡を見ることに特化した、いわゆる「雰囲気ゲー」と言っていいだろう。

ステージは全部で5つ。海に囲まれた孤島や吹雪が吹き荒れる雪山、不思議な遺跡が作られた砂漠が舞台で、言葉で示されるものは何もないが、どこかさびしさを感じる風景ばかり。パズルそっち向けでただただ風景を眺めるのもオススメだ。不思議と癒やされるような気がする。

パズル要素としては、あちこちにある石版に描かれた点を、一筆書きに結ぶことで、先に進む道が切り開ける。道中では、念力で石版を移動することでパズルを解けるようになるといった特殊なギミックもあるが、総じて難易度は高くない。謎解きが苦手な人でも、そこまで苦労することはないだろう。

特徴的なのが、コントローラーを使わず、目線を使った操作法。移動はもちろん、パズルを解く際のアクションも、目線を動かすことで行う。別のHMDにも対応しているゲームだが、Oculus Goと特に相性が抜群だと感じた。というのも、PCと接続しない一体型ヘッドセットだからこそ、ケーブルを巻き込むなどの心配をせず、存分に見回すことができる。

実はオプション的にコントローラーでも視点移動できなくはないのだが、ぜひとも目線だけで操作してほしい。辺りを見回しているうちに、このゲームの世界に本当に生きているような実在感が得られるはずだ。

Land’s End
https://www.oculus.com/experiences/go/940410229366998/

Racket Fury

一体型ヘッドセットとの相性が良いといえば、プレイヤーが激しく動くスポーツゲームも恩恵を受けるコンテンツだろう。コントローラーをラケットのように使い、直感型の操作で楽しめる卓球ゲーム『Racket Fury』もそのひとつ。

「宇宙空間に浮かぶ卓球台を挟み、向かい合ったロボット2体が卓球で勝負する」と冗談のような舞台設定だが、モーションキャプチャーでプロ選手のフォームを再現しており、決してバカにできない本格的な卓球ゲームに仕上がっている。事実、対戦相手の動きはリアルな卓球選手そのもので、ラリーを続けているうちに、球を打ち返している自分もうまいのでは? と錯覚するほど。

1ゲーム10点先取で、2ゲーム取れば試合に勝利できる。勝てば、より強い対戦相手を選べるようになるのだが、難易度は全体的に高い。中盤以降は相手のミスも減り、非常にスピードのある球を打ってくるので、勝利するのにだいぶ苦労するはずだ。

もちろん座ったままでもできるのだが、オススメは立った状態でのプレイ。周囲に物がないか十分に注意しながら、実際に卓球をするつもりで遊んでほしい。白熱した試合の後は、それなりの運動量になっていることだろう。

Racket Fury: Table Tennis VR
https://www.oculus.com/experiences/app/1515064735229728/

Drop Dead

プレイヤーの疲労度を考慮しているのか、VRゲームは軽めの作品が多いように感じる。もちろん手軽に遊べることはよいことだが、たまには本格的で重厚なストーリーを楽しみたいと思うのは、ゲーマーの性だろうか。

VRでもボリューム満点のゲームを遊びたい人にオススメなのが、ゾンビシューティングゲーム『Drop Dead』。ゾンビと聞くと、VRによくあるホラーを想像するかもしれない。「ホラーゲームはちょっと……」という方も、安心してほしい。本作品はホラーというより、アクションに重点を置いた作品である。

『ハウス・オブ・ザ・デッド』のように、ゲームセンターでよく見るガンシューティングといえば、想像がつきやすいだろうか。ゲームの流れは、画面上に現れたゾンビたちを銃で一掃すると、次の場面に自動的に移動し、またゾンビを倒すのを繰り返す。ある程度ゾンビを倒すとステージクリアになり、次のステージに行くことが可能だ。ゲーム性を担保しつつ、短い時間でも遊べるようになっている。

VR酔いに十分考慮した作りだが、それでも酔いやすい人は「コンフォートモード」をオンにするのがよいだろう。まばたきのような演出で移動を省き、次の場面に行くことができるので、アクションに専念することができる。最初は通常モードで遊んでみて、もし気分が悪くなるようなら、このモードを試してほしい。

Drop Dead
https://www.oculus.com/experiences/go/827294127398133/

virtual virtual reality

ユーザーレビューをどこまで信じるかは人それぞれだが、記事を執筆している2018年8月時点で、700件近い評価のうち、86%が最高評価にしている作品を気にならないと言ったら嘘になる。『Virtual Virtual Reality』は、一風変わったコンセプトが幅広くウケているアドベンチャーゲームだ。

物語の舞台は、人工知能(AI)の顧客相手に、人間が労働を行う皮肉めいた世界。近年では「AIに仕事が奪われるのでは?」と危機感をあおる記事も目にするが、本作品はさらに先にいくようなブラックな世界観である。

おもしろいことに、本作のコンセプトは、VRの中でVRを体験することにある。たとえば、依頼を受けた際、ゲーム内でVRデバイスが渡される。プレイヤーはそれを装着することで仕事場に移動できるのだが、その仕事場でもVRデバイスが置かれていて、さらに装着することが可能。

「VRの中のVR」「VRの中のVRの中のVR」あたりまでは理解できるが、それ以上となると頭の中が混乱してくる。もとより、このゲームを遊ぶためにOculus Goを装着すること自体もおかしく感じてくるのだ。

ちなみに依頼される仕事の内容は、焼き立てのトースターにバターを塗ったり、庭で育てられた花に水をやったりと一見簡単なものばかりだが、AIを満足させるのは難しく……。ここまでは単純作業を行うミニゲーム集のように感じるが、とある存在と接触することにより、意外な展開を迎える。

この世界に隠された秘密とは? プレイヤーに真実を伝えようとする存在の正体とは? ぜひプレイしてたしかめてほしい。

Virtual Virtual Reality
https://www.oculus.com/experiences/go/1389161184521528/

ひと通り試して感じたのは、Oculus Goではプレイヤーの動きに制限がないため、余計なストレスを感じずに遊べるということ。今まで体験したHMDは有線のため、ケーブルを意識して遊ばざるをえず、なによりセットアップ自体も面倒だった。Oculus Goでは、その問題が解消されているのが素晴らしい。

正直なところ、デバイスのスペック的には、本格的なゲームを楽しむというより、映像を観ることに特化しているように感じた。しかし、今回紹介したゲームはいずれもOculus Goの特徴を存分に味わえる作品である。購入した際は、ぜひこれらのゲームをプレイしてみてほしい。

文:杉山大祐 / ノオト

もっと光を! アイデアと“夢のエネルギー”で画面の牢獄から抜け出した電子ゲーム『大脱走』

REVIEW

GAME

2018.11.16 FRI

ゲームがデータとして供給されるようになった現代から、遡ることおよそ40年の昔。当時、ゲームとはソフトでありハードであり、単一の“モノ”を指していた。

『電子ゲーム』。この80年代を代表するアイコンを単なる懐古趣味ではなく、ゲームが形を持たなくなった時代の崇敬すべきフェティッシュとして見直していくのが本連載の趣旨である。

日本の子供たちがこれまでになかった新しいおもちゃ、電子ゲームに熱狂していた1980年前後。しかし、視野を広げてみればこの時期は1978年のイラン革命を発端にした原油価格の上昇と供給危機、いわゆる第2次オイルショックの時期と重なる。そうして1980年にはNEDO(新エネルギー総合開発機構)が創設され、太陽光エネルギーに注目が集まっていた……。

そんなエネルギー情勢の中で1982年に登場したのが、バンダイのLCDソーラーパワーシリーズの電子ゲーム『大脱走』である。

『大脱走』(バンダイ/5400円 1982年)

「電子ゲームにソーラーパネルを使用したのは、バンダイのLCDソーラーパワーシリーズが初めてだと思います。電池が無用である代わりに強い光を当てていないと遊べず、つまり部屋の中でゴロゴロ寝転がりがら遊ぶことができないというデメリットもありました。しかし、光に当てれば電気が生まれ、ゲームが出来るという科学実験を思わせる仕組みは、当時の子供達の心を捉えたものです。また、同シリーズはソーラーパワーだけでなく、2画面構成になっていることも特徴。なかでもこの『大脱走』は場面転換が秀逸で、私が特に気に入っている電子ゲームの一つです」

そう語るのは、電子ゲームに詳しく、任天堂研究家・コレクターとしても知られる山崎功氏である。

蛍光管表示(FL)式ゲームは電池の消耗が激しく、ACアダプタまで買ってもらえなかった子供達を泣かせた。他方、電池の持ちはよかった液晶式でもボタン電池は高価であり、電池代はやはりバカにできなかった。100円均一がまだ登場していない当時、子供にとって(大人にとっても)電池は消耗品にしてはなかなかの値段がするものであったのだ。

また、視点をエネルギー情勢に戻せば“未来のエネルギー”ともてはやされた原子力発電が、1979年のスリーマイル島原子力発電所事故により大きくその存在が揺らいでいた、そんな時代の話である。「太陽にさえ当てればゲームができる」。この“夢のエネルギー”のわかりやすい実用化に、子供達の興味が注がれたことは想像に難くない。

なお、このゲームは「ソーラーパワー」を謳ってはいるが、室内灯でも条件を満たせば遊ぶことはできた。しかし、発電量の少なさ故、入力の度に画面表示が薄くなり、音も心もとないものになるなどのトラブルはつきもの。快適に遊ぶためにはやはり太陽光のあたる外で遊びたい。そこで携帯性を高め、また最も弱い部分である画面とソーラパネルの保護を目的にしたのだろう。本体は、2つに折りたためるようになっている。小さく折りたたんだものを展開すると、すごい能力を発揮する。このスパイのひみつ道具めいたギミックもまた子供たちにとっての魅力となっていた。

全く異なるゲーム性を持つ驚きの2パターン構成

さて、そのゲーム内容はというと、プレイヤーは囚人であり、看守の目をかいくぐって刑務所から脱走するというもの。通常、主人公は宇宙人や怪物と戦う善なるヒーローか、すくなくともハプニングに見舞われた無辜の存在であるがこのゲームでは自分が善人であるかどうかは疑わしい。同様のモチーフを持ったゲームは他にもあるが、いずれ、ピカレスク(悪漢)ロマンといった言葉もまだ知らない子供たちにとって、他のゲームにはない世界を感じさせるものであった。

ゲームはパターン1・牢の中ステージから始まる。プレイヤーは時折ドアを開けて様子を見にくる看守の目をかいくぐり、隠し持っていたノコギリで計3本ある鉄格子を順に切って外に脱出しなくてはならない。鉄格子は主人公が接触した状態で10回左ボタンを押すと切れるが、看守がドアをあけて中を見たときにはベットの位置につき、壁に貼ってある水着のポスターを見ているフリをしなければ1ミス、鉄格子は強制的に3本に戻る。

このゲームの世界では、脱獄の計画、すなわち鉄格子を意識している様子を見咎められないことが重要なはずであり、であれば主人公がベッドで寝たふりをする描画があれば十分なことになる。なのに、あえて「水着のポスター」を登場させる(子供向けゲームとしては)“ダーティー”な演出に、思わずニヤリとさせられる。

そんなこんなで、計3本の鉄格子を無事、切り落とせば次のパターンに進むことになる。

鉄格子を破った窓を抜けるとそこは第2のパターン・刑務所の壁の外だ。無数の警察犬が襲ってくる上に警官が壁の上から身を乗り出して銃を撃ちまくってくる。(警察犬、警官は説明書の表記通り。「看守では?」などの疑問はさておこう)

看守が見ているあいだは大人しくし、隙を見ては連打で鉄格子を切る。この「静と動」で成り立っていたパターン1とは違い、ひたすら「動」が要求されるのが、パターン2の特徴となっている。そうして画面左に時折やってくる仲間のトラックに乗ればまんまと脱出成功、500点のボーナスが入りまたパターン1に戻る……という流れである。

The Great Escape。単一画面ゲームからの、大いなる脱走

このように、『大脱走』は刑務所の内と外を舞台に展開するアクションゲームであるが、現在の携帯ハード機のように、画面はドットで構成されているわけではないのでその描画は不自由なもの。白(というか透明)黒の液晶画面のなかであらかじめいくつか用意したキャラの動きを描写する単純なパターンを点滅させるしかない。

そんな制約のなか、牢のステージのキャラクターと背景の一部を表示するための液晶画面、刑務所外のキャラクターと背景の一部を表示させるための液晶画面。この2枚の透明な液晶のパネルを重ねることで、1画面でありながら、バラエティに富んだキャラの動き、ゲーム性をもたらすことが可能になっている。

さらに、画面の再奥にプリントによって描かれた背景の使い方、そのアイデアの秀逸さにも注目しておきたい。牢獄のシーンではポスターが貼られた部屋の右壁の役割を果たしていた部分が、外のシーンでは脱走の際に使ったのであろうロープが上から垂れ下がった外壁として使われている。また、牢の鉄格子を支えていた左壁の上端は、下部に植え込みを配置することで今度は刑務所の壁の外を走る道路のカーブを描き出しているのだ。

変えることのできない絵でしかない背景が、液晶画面で描画を重ねて早変わりの舞台装置の役目を見事に果たす。当時のハイテクから、アイデア勝負のローテクまで。双方が詰まったモノとしての魅力に溢れる存在であることがお判りいただけただろうか。

電池の消耗を気にせざるを得ず、ステージ構成は1パターンのみで複雑な演出、場面転換ができない。そんな当時の電子ゲームの限界、いや、牢獄からまさに大脱走を果たしたのがこのゲーム『大脱走』なのである。

文:のび@びた
撮影:さとうひろき

<監修>
山崎 功(やまざき いさお)
任天堂研究家・コレクター、電子ゲーム・レトロゲーム好き。「懐かしの電子ゲーム大博覧会」「任天堂コンプリートガイド」など多数の著書あり。
https://twitter.com/yamazaki_isao
http://happy-today.org/nintendo/

リアルタイムアセット制作未経験の方のために『映像屋さんの為のリアルタイムBG制作』無料配布を発表

NEWS

ANIME

2018.11.18 SUN

株式会社ポリゴン・ピクチュアズの関連会社である株式会社エレメントファクトリーが、リアルタイム制作未経験者に役立つ入門書『映像屋さんの為のリアルタイムBG制作』を無料配布することを発表した。

リアルタイムアセット制作未経験のCGアーティストに向けた教育用マニュアル

『映像屋さんの為のリアルタイムBG制作』は、世界的なゲーム開発エンジンである「アンリアルエンジン」を利用したアセット制作のマニュアルだ。

昨今ではゲーム・VR・イベントなど、さまざまなメディア、ジャンルでリアルタイム用アセットが活用され、その技術の進歩によってプリレンダリングのアセットに勝るとも劣らないクオリティを実現している。またデジタルコンテンツ市場においても、今後さらにインタラクティブ性の高いソフトウェアの拡大が予想されている。

この時代背景を考慮し、今後のデジタルコンテンツ制作業界の技術向上に寄与するため、当該マニュアルを、これまでリアルタイムアセット制作に触れてこなかったCGアーティストのためのリアルタイムアセット制作の入門書として、エレメントファクトリーのホームページにて無料で提供される。

エレメントファクトリー
https://www.element-factory.co.jp/