bg smartphone

mag-logo

hellow-world

2018年、もっと夢中にするメディア「マグ」誕生

VER 0.0.1
POST 290

MAG mag-beta-white

navi-open navi-close

技術を極めた「ジロー」と、自由を求めた「メビウス」 ── 2つの顔をもつBD界巨匠の晩年

COLUMN

MANGA

2018.07.13 FRI

「ジャン・ジロー」と「メビウス」、2つの名を持つBD作家は、晩年、もはやBDにとらわれない純粋な芸術家として、映画・音楽・アニメーションなどさまざまなジャンルで活躍することとなる。彼の半生を紹介してきた本連載、最終回は彼の晩年の仕事にフォーカスしたい。

ジャン・ジローとメビウスの融解

アレハンドロ・ホドロフスキーとの出会いにより、映画の制作にも携わるようになったジローは、1980年中盤にアメリカ・ロサンゼルスに生活の拠点を写す。1988年にはアートブック『メイド・イン・LA』を出版し、同時期には、アメコミの最大手「マーベル」の作品である『シルバーサーファー』の作画を担当するなど、「メビウス」として精力的に活動を続ける。

その後、フランスに戻ってからも、活動の幅はさらに広がり続ける。96年には、自身の回想録『メビウス/ジロ ── 我が分身の物語』を出版。そして97年には、日本の雑誌『モーニング』で『イカル』の原作を担当し、谷口ジローとタッグを組むなど、60代に差し掛かっても、ジャンルや国を超えて、新たな挑戦を続けていた。

ジョゼフ・ジラン(ジジェ)、アレハンドロ・ホドロフスキー、時にカルト教団のリーダーなど、両親の離婚によって父不在の環境で育ったためか、常に“父親的な存在”を追い求めて来たジローだが、この頃になると、師を求めることをぱたりとやめたようだ[1]

そんな頃に、彼が名前を「ジャン・ジロー・メビウス」と綴り始めたのが、『インサイド・メビウス』という作品だ。

日記として書きためていたクロッキーをもとにペンタブレットで書き出されたこの作品は、メビウス=ジャン・ジロー自身を主人公として、2004〜10年に全6巻にまとめられた。「自伝的だし、精神的(プシシック)」[1]でもあるというこのBDは、彼の直感に基づいて描かれたといい、そのタイトル通り、メビウスという人物の中身を知るには最適な作品と言えるだろう。

メビウスの集大成『B砂漠の40日間』

メビウスの“直感”をまざまざと感じさせる作品が、もう一つある。1999年に出版された『B砂漠の40日間』だ。『アルザック』などで登場する「B砂漠」が舞台となっており、セリフ・コマ割りは一切ない。砂漠の中に鎮座し、瞑想する「帽子の男」とその周辺をただただ描いた一枚絵の連続作品となっている。

特筆すべきは、この作品は下書き・修正が一切ないということだ。0.2と0.13のロットリングのみを使い、壮大な砂漠、光、影、水滴、人物、動物の群れ…全ての物質をシンプルな線で、淀みなく紡いでいく。

この作品を制作中、昼間は『ブルーベリー』の執筆をしていたという彼は、メビウスとジローの違いについて、自らこう語っている。

「『BLUEBERRY』は造形上の厳格な形式的約束事に基づいて描かれています。そこに西部劇という物語上の要請も当然加わってきます。それに対してメビウス名義で描かれた作品は、非常に技巧的ではあっても、夢幻的な自由とでも言うべき空間の上に成り立っているんです。『技巧的かつ自由である』と言うパラドクサルで、一見矛盾するもののように聞こえるかもしれませんけどね」[3]

BDの技術を極めたジロー、そして自由を追い求めたメビウス ── 。緊張を内包したこの関係を一つの作品として昇華したのが、この71ページの一作なのかもしれない。

決して古くならない作家、ジャン・ジロー=メビウス

2009年、京都精華大学、そして京都国際マンガミュージアムで、講演会・企画展「メビウスの世界」が開かれ、ジャン・ジロー=メビウスもフランスから招かれる。この講演会を機に、『B砂漠の40日間』をはじめ、『アンカル』、『エデナの世界』などの邦訳が続々と登場し、日本でも改めて彼の名が知られるようになる。

それからわずか3年後の2012年3月10日、彼は76歳でその生涯の幕を閉じることとなる。彼の祖国フランスの新聞では、彼の訃報を「2人の作家を失った」[4]と報じ、さらに日本でも大友克洋氏や、谷口ジロー氏、そして宮崎駿氏と名だたるアーティストたちがその死を悼んだ。

「ずーっと新しい絵。古い絵にはならないんです。いつ見ても最先端な感じがする」[5]

同年、メビウスの追悼特集を組んだ『ユーロマンガ』に浦沢直樹氏が寄せたコメントの通り、ジャン・ジロー=メビウスの作品はーーたとえ発刊後40年が経ったものであったとしてもーー古さを感じさせることはない。むしろ精巧で緻密な描写は、眺めるたびに新たな発見をもたらしてくれる。

子供が読むもの、ストーリーを楽しむもの……。ジャン・ジロー=メビウスは、BD、そして漫画にあったそんなイメージを払拭し、BDをアート、そしてカルチャーとして進化させたパイオニアといえるだろう。

取材・文:周東淑子
監修:原正人
撮影:林 和也

【参照】
【BD研究会レポート】メビウス追悼 ダニエル・ピゾリ氏が語るメビウス〔メビウス編〕
『メビウス博士とジル氏』(ヌマ・サドゥール著、小学館集英社プロダクション、2017年)
「ユーロマンガ」vol.7 (Euromanga合同会社、2012年)
『アンカル』(アレハンドロ・ホドロフスキー作、メビウス画、古川晴子訳、ユマノイド、2015年)

【注】
[1]『メビウス博士とジル氏』サドゥール、p410
[2]同、p461
[3]『B砂漠の40日間』メビウス、あとがきより
[4]『ブルーベリー』訳者、あとがきより
[5]『ユーロマンガ』vol.7 、p57

レイヤー表現が開拓するドットの新たな可能性 ── インディーゲーム『The Last Night』圧倒的ビジュアル

COLUMN

GAME

2018.08.10 FRI

煌びやかなネオンが光り輝き、水面に映る滑らかな景色と繊細なドットが入り混じるトレーラーを見て、胸を掴まれないものはいないだろう。

『The Last Night』は、Odd Talesが開発を手がけるサイバーパンクアドベンチャーゲーム。本作の舞台は、コンピュータや機械が人間に代わり、あらゆる単純作業を行なう世界だ。生まれてまもない乳児の脳内にチップを埋め込むことにより、その人生を完全にコントロールしている。

プレイヤーが操作するのは「二級市民」として扱われている主人公のチャーリー。彼は幼少期の事故により、チップを埋め込むことができなかった。主人公として、街の探索をしながら他の市民と会話をすることや、銃撃戦への参加が可能だ。

E3 2017の開幕直前に行われた「Xbox E3 2017 Briefing」で初めて公開されたこのトレーラーは、ビジュアルの美しさから海外メディアより絶賛を受けた。

全ての始まりはたった6日間で開発されたゲーム

ゲームクリエイターが集まり、サイバーパンクをテーマに短時間でゲーム制作を行う「Cyber Punk Game Jam」。2014年に開催されたこのイベントで、フランスのTim Soret氏が6日間で開発し、優勝を勝ち取ったFlashゲーム『The Last Night』は、ブレードランナーやFlashback (1991)、Another World (1997)、Oddworld: Abe’s Oddysee (1997)など、多くのゲームからインスピレーションを受けた。

シンプルなゲームだが、サイバーパンクの世界観をうまく捉えたビジュアルは高く評価され、彼の制作した『The Last Night』は総計256本ものゲームの頂点に輝いたのだ。

その後、彼は新スタジオOdd Talesを設立し、製品版『The Last Night』の本格的な制作に取り掛かった。2012年にカルティエのアートディレクターとして、香港で働いていたSoret氏。その経験と、目に焼き付いた香港の街並みが、制作に大きな影響を与えている。

また、映画『ブレードランナー』や押井守監督によるアニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などが、ビジュアルを確立する上での基盤となっているそうだ。

さらなる進化を遂げる製品版の圧巻のビジュアル

Unity 5.6のエンジンを使用し、背景のほとんどがドット絵で描かれている『The Last Night』だが、驚くべきところは、大部分が手描きで作られているところだ。

さらに、映像を見た際に3Dのように見えたビジュアルは、実際は2D。シーン内に、何層にもわたって板ポリゴンに貼られたドット絵を配置することで、カメラが動いた時に立体的に見えるよう設計されている。そこに、エフェクトやライティングが足されることで、よりビジュアルに自然な遠近を感じさせているのだ。

少人数で進められている制作メンバーに、新たに22歳という若きピクセルアーティスト、Brendan Sullivan氏が加わった。彼によって描かれた空飛ぶ車が公開されているのだが、『The Last Night』のビジュアルが、より強化されたことは間違い無いだろう。

視覚だけではなく、聴覚からも伝わる世界観

そして、もう一つ注目すべき点がある。トレーラーで使用されている音楽だ。エレクトロニックアーティストLornの”Acid Rain”を、サウンドデザインなども担当しているJoe Kataldo氏が、効果音も含め5.1チャンネルでミックスしている。

目から入り込む情報のみならず、耳からも世界観を演出しているのだ。重低音と電子音、そしてLornの独特の歌声がサイバーパンクの舞台にしっかりと寄り添う。

2018年内の発売が予定されているが、ゲームの全貌がほとんど明らかではない本作。だが、この素晴らしいトレーラーを見てしまったら、期待せずにはいられない。

Odd Tales
http://oddtales.net/

文:谷津有香

放たれる弓から響き渡る音『ツルネ―風舞高校弓道部―』青春がこだまする

NEWS

ANIME

2018.08.15 WED

2018年10月よりNHKにて放送が開始となる『ツルネ―風舞高校弓道部―』。本作の第2弾PVが公開された。

「ツルネ ―風舞高校弓道部―」は弓道部を舞台に、弓引きにとって重大な病を抱えている鳴宮湊が、弓道を通して仲間との絆を深めていく青春ストーリー。綾野ことこの同名小説を原作とした作品だ。

人を魅了する弦音(ツルネ)を想像させるPV

アニメーション自体は、京都アニメーションが制作することもあり自然と期待が膨らんでいたのだが、公開されたPVで最も際立つのは音の豊かさ。

弓を引いた際にしなる音が、静寂の中響き渡っている。PVではここで止まってしまうのだが、この先の、弦音や矢が的に当たる音も自然と想像してしまう。

タイトルの『ツルネ』というのは、弓矢が発射する瞬間に、放たれる弦から出る音のこと。上手く引けると弓から矢が発射される瞬間に綺麗な弦音(ツルネ)が鳴り、弓道場にこだまする。

コミックマーケット94にて展示された原画

先日行われたコミックマーケット94にて、アニメ本編で実際に使用されている生原画が展示された。目の処理の仕方や、衣装などの細かな設定がメモ書きされた原画が多くの来場者の目に触れていた。

ツルネ―風舞高校弓道部―
http://tsurune.com/

@綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会