bg smartphone

mag-logo

hellow-world

2018年、もっと夢中にするメディア「マグ」誕生

VER 0.0.1
POST 290

MAG mag-beta-white

navi-open navi-close

1968に生まれ落ちた鬼才。時代に“ひっかき傷”を残したBD作家「メビウス」の誕生

COLUMN

MANGA

2018.07.06 FRI

「メビウスの帯」のように、“ねじくれた”BD作品を描く作家「メビウス」── 。ジャン・ジローがこのペンネームを使い始めたのは、1963年、風刺雑誌「ハラキリ」に作品を掲載したことがきっかけだった。最初は「一時しのぎ」[1]だったメビウスの名は、その後国境を超え、日本にまで轟くようになる。

「ペンネームを次々と変えたり、同時にいくつも使い、多様なスタイルを試してみたいという感覚があった」というジローは、「メビウス」という名でどのようなスタイルを確立し、どのような作品を創りあげていったのだろうか。「メビウス」としての彼の半生に迫る。

メビウスを生んだ「1968」

1960年に創刊された『ハラキリ』は“bête et méchant(愚かで意地悪)”を標榜した雑誌で、2015年に襲撃事件があった「シャルリー・エブド」の前身としても知られる。当時、友人のジャン=クロード・メジエール(日本でも今春公開されたリュック・ベッソン監督の映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』の原作となったBD『ヴァレリアン』の作者!)とイラストの仕事をしていたというジローは、「絵を描いて、物語を語りたい」[2]という欲求から、創刊して間もない同誌に持ち込みをし、それを機に「メビウス」の名義で、いくつかの作品を掲載することになる。ところが、その後のジジェとの出会い、そして『ブルーベリー』の連載開始で、メビウスとしての作品が「パタリと何も描けなくなってしまった」[3]そうだ。

彼が再び、本格的に「メビウス」として活躍し始めるのは、それから約10年後のことだった。1968年、パリで「五月革命」が勃発。旧来の伝統的な政治体制は地に堕ち、時代の中心は若者に委譲された。その流れを受け、商業主義的で“型にはまった”作品がほとんどだったBD界でも、それまでのタブーを覆すように、セックスや暴力などを描いたり、作家自身がその想像力を爆発させたりしたような作品が次々に登場し始めた。

BD王道とも言える西部劇『ブルーベリー』で成功を納める一方で、伝統的BDの「鋳型の中にはまったまま」[4]という危機感を感じていたジローも例外ではなかった。一連の運動で活動していた人々のおかげで「勇気を持つことができた」[5]という彼は1973年、ある作品を手がける。「ジル」名義でありながら、メビウスの初期の代表作として知られる『まわり道』だ。


ジロー=メビウス自身が主人公となり、独特の世界観を提示したこの作品を皮切りに、彼は「メビウス」としての創作活動に軸足を移していく。

「メタル・ユルラン」とホドロフスキーとの出会い

1973年、ジローは「ピロット」を離脱。メビウスとして、長年彼を“捉えてはなさい”主題だったという「擬似宇宙(SFや精神世界)」をテーマとした創作活動に取り組み、『巨根男』『白い悪夢』などいくつかの作品を発表する。そして1975年、フィリップ・ドリュイエら3人の仲間とともにSF雑誌「メタル・ユルラン」を創刊。同誌創刊号で発表した『アルザック』は、鮮やかな色彩、風変わりな世界観、独特の立体感、そしてセリフがないという実験的な試みで多くの読者に衝撃を与えた。

同じ頃、彼の人生を大きく変える出会いが訪れる。1970年、映画『エル・トポ』でカルト的人気を誇った映画監督アレハンドロ・ホドロフスキーが、新作SF映画『デューン』の絵コンテスタッフとしてメビウスを起用したのだ。映画は資金難などにより未完に終わってしまったが(その顛末はフランク・パヴィッチのドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』に詳しい)、この企画がきっかけでメビウスの才能はハリウッドに知られるところとなる。

他方で、タロットカードの研究者という神秘主義的な顔を併せ持つホドロフスキーは、メビウスの生き方にも多大な影響を与えた。もともと10代の頃からマリファナによる神秘体験を味わってきたジローは、ホドロフスキーを“師”として慕い、自らもスピリチュアルなものに傾倒していったようだ。

公私を問わず親密な関係を築いた2人は、1978年の『猫の目』を皮切りに、ともにBD作品も手がけるようになる。そして1981年、メビウスの代表作とも言われる『アンカル』シリーズが誕生する。

謎の物体「アンカル」をめぐる私立探偵のジョン・ディフールの冒険が描かれたこの作品は、ホドロフスキーがメビウスの目の前で原作となるストーリーを歌って語ることで生まれたという。

アンカルとは何なのか、生きる真理とは何なのか ── 。1988年まで全6章計291ページにわたって繰り広げられるジョン・ディフールの冒険には、分解、反復、闇、光、永遠といった抽象的な概念がふんだんに盛り込まれている。もはや従来のBDの枠組みにはとらわれないような、壮大な精神世界を描いた「創造の書」は、その後20の言語に訳され、世界中で読まれるようになる。

日本のクリエイターを揺さぶったメビウスの“ひっかき傷”

『アンカル』の第1章は、1986年日本語にも訳される。しかし、それ以前に、メビウスはすでに日本の多くのクリエイターたちに認知されていた。

たとえば、漫画家の大友克洋氏や浦沢直樹氏らは、メビウスを知ったきっかけとして、1978年に日本語版が発行されたSF雑誌「スターログ」を挙げている。同誌には、主にメビウスが手がけたカラーイラストが紹介されていたようだが、たとえ小さなイラストであっても、シンプルな線から紡ぎ出されるリアル、かつ独創的、そして枠にとらわれない自由な描写は、当時日本で主流となっていた“劇画”とは全く違う世界観を提示し、多くの作家に衝撃を与えたようだ。

1975年に受けたインタビューで、ジローは『ブルーベリー』を描く自身とメビウスの作風の違いについてこのように説明している。

『ブルーベリー』のスタイルは完全に人工的なものだ。アメリカのコミックスとベルギーのBDの遺産を受け継いでいる。極めて入念な筆遣いと熟練の腕さ。一方、メビウスは純粋な跳躍であり、すばやくつけられたひっかき傷だ。この二つは全く違うものだが、僕にはこれらを自分に無理やり課すのではなく、自由自在に操ることができる奇妙な能力があるんだ。[6]

ストーリー性を重視してきた日本の漫画界にとって、熟練の腕を持ちつつも、自分の感性や精神性、感情に任せてペンを走らせるメビウスの“ひっかき傷”は、超新星のごとく、眩しく映ったに違いない。

取材・文:周東淑子
監修:原正人
撮影:林 和也

【参照】
【BD研究会レポート】メビウス追悼 ダニエル・ピゾリ氏が語るメビウス〔メビウス編〕

『メビウス博士とジル氏』(ヌマ・サドゥール著、小学館集英社プロダクション、2017年)
「ユーロマンガ」vol.7 (Euromanga合同会社、2012年)
『アンカル』(アレハンドロ・ホドロフスキー作、メビウス画、古川晴子訳、ユマノイド、2015年)

【注】
[1]『メビウス博士とジル氏』サドゥール、p358
[2]同、p352
[3]同、p352
[4]同、p360
[5]同、p363
[6]同、p355

レイヤー表現が開拓するドットの新たな可能性 ── インディーゲーム『The Last Night』圧倒的ビジュアル

COLUMN

GAME

2018.08.10 FRI

煌びやかなネオンが光り輝き、水面に映る滑らかな景色と繊細なドットが入り混じるトレーラーを見て、胸を掴まれないものはいないだろう。

『The Last Night』は、Odd Talesが開発を手がけるサイバーパンクアドベンチャーゲーム。本作の舞台は、コンピュータや機械が人間に代わり、あらゆる単純作業を行なう世界だ。生まれてまもない乳児の脳内にチップを埋め込むことにより、その人生を完全にコントロールしている。

プレイヤーが操作するのは「二級市民」として扱われている主人公のチャーリー。彼は幼少期の事故により、チップを埋め込むことができなかった。主人公として、街の探索をしながら他の市民と会話をすることや、銃撃戦への参加が可能だ。

E3 2017の開幕直前に行われた「Xbox E3 2017 Briefing」で初めて公開されたこのトレーラーは、ビジュアルの美しさから海外メディアより絶賛を受けた。

全ての始まりはたった6日間で開発されたゲーム

ゲームクリエイターが集まり、サイバーパンクをテーマに短時間でゲーム制作を行う「Cyber Punk Game Jam」。2014年に開催されたこのイベントで、フランスのTim Soret氏が6日間で開発し、優勝を勝ち取ったFlashゲーム『The Last Night』は、ブレードランナーやFlashback (1991)、Another World (1997)、Oddworld: Abe’s Oddysee (1997)など、多くのゲームからインスピレーションを受けた。

シンプルなゲームだが、サイバーパンクの世界観をうまく捉えたビジュアルは高く評価され、彼の制作した『The Last Night』は総計256本ものゲームの頂点に輝いたのだ。

その後、彼は新スタジオOdd Talesを設立し、製品版『The Last Night』の本格的な制作に取り掛かった。2012年にカルティエのアートディレクターとして、香港で働いていたSoret氏。その経験と、目に焼き付いた香港の街並みが、制作に大きな影響を与えている。

また、映画『ブレードランナー』や押井守監督によるアニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などが、ビジュアルを確立する上での基盤となっているそうだ。

さらなる進化を遂げる製品版の圧巻のビジュアル

Unity 5.6のエンジンを使用し、背景のほとんどがドット絵で描かれている『The Last Night』だが、驚くべきところは、大部分が手描きで作られているところだ。

さらに、映像を見た際に3Dのように見えたビジュアルは、実際は2D。シーン内に、何層にもわたって板ポリゴンに貼られたドット絵を配置することで、カメラが動いた時に立体的に見えるよう設計されている。そこに、エフェクトやライティングが足されることで、よりビジュアルに自然な遠近を感じさせているのだ。

少人数で進められている制作メンバーに、新たに22歳という若きピクセルアーティスト、Brendan Sullivan氏が加わった。彼によって描かれた空飛ぶ車が公開されているのだが、『The Last Night』のビジュアルが、より強化されたことは間違い無いだろう。

視覚だけではなく、聴覚からも伝わる世界観

そして、もう一つ注目すべき点がある。トレーラーで使用されている音楽だ。エレクトロニックアーティストLornの”Acid Rain”を、サウンドデザインなども担当しているJoe Kataldo氏が、効果音も含め5.1チャンネルでミックスしている。

目から入り込む情報のみならず、耳からも世界観を演出しているのだ。重低音と電子音、そしてLornの独特の歌声がサイバーパンクの舞台にしっかりと寄り添う。

2018年内の発売が予定されているが、ゲームの全貌がほとんど明らかではない本作。だが、この素晴らしいトレーラーを見てしまったら、期待せずにはいられない。

Odd Tales
http://oddtales.net/

文:谷津有香

放たれる弓から響き渡る音『ツルネ―風舞高校弓道部―』青春がこだまする

NEWS

ANIME

2018.08.15 WED

2018年10月よりNHKにて放送が開始となる『ツルネ―風舞高校弓道部―』。本作の第2弾PVが公開された。

「ツルネ ―風舞高校弓道部―」は弓道部を舞台に、弓引きにとって重大な病を抱えている鳴宮湊が、弓道を通して仲間との絆を深めていく青春ストーリー。綾野ことこの同名小説を原作とした作品だ。

人を魅了する弦音(ツルネ)を想像させるPV

アニメーション自体は、京都アニメーションが制作することもあり自然と期待が膨らんでいたのだが、公開されたPVで最も際立つのは音の豊かさ。

弓を引いた際にしなる音が、静寂の中響き渡っている。PVではここで止まってしまうのだが、この先の、弦音や矢が的に当たる音も自然と想像してしまう。

タイトルの『ツルネ』というのは、弓矢が発射する瞬間に、放たれる弦から出る音のこと。上手く引けると弓から矢が発射される瞬間に綺麗な弦音(ツルネ)が鳴り、弓道場にこだまする。

コミックマーケット94にて展示された原画

先日行われたコミックマーケット94にて、アニメ本編で実際に使用されている生原画が展示された。目の処理の仕方や、衣装などの細かな設定がメモ書きされた原画が多くの来場者の目に触れていた。

ツルネ―風舞高校弓道部―
http://tsurune.com/

@綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会