bg smartphone

mag-logo

hellow-world

2018年、もっと夢中にするメディア「マグ」誕生

VER 0.0.1
POST 290

MAG mag-beta-white

navi-open navi-close

故・谷口ジローが震えた圧倒的な画力 ── BD界の英雄・メビウスのB面「ジャン・ジロー」

COLUMN

MANGA

2018.06.22 FRI

日本だけでなく、世界中のクリエイターに大きな影響を与えたフランスのBD作家「メビウス」(1938〜2012)。思いのままにペンを操り、緻密かつ繊細な、独特の世界観を提示した彼の作品は、宮崎駿、大友克洋、浦沢直樹、寺田克也といった名だたるアーティストに衝撃を与えた。そんな彼にはもう1つ、漫画家としての名前がある。それは「ジャン・ジロー」── 彼の本名だ。彼の母国・フランスでは、この本名での創作活動の方が幅広い読者に愛されているという。

「メビウス」と「ジャン・ジロー」。この2人のアーティストはどのように生まれ、どのように作品を生み出し、そしてどのように世界のアーティストたちに影響を与えていったのか。1人の男性の人生を辿りながら、2人のアーティストのそれぞれの作品の魅力に迫る。

「BD界のランボー」、ジャン・ジローの登場

ジャン・アンリ・ガストン・ジローがフランスの漫画界で広く名を轟かせたのは、「ジャン・ジロー」という本名で描いた作品がきっかけだった。

1938年にフランスで生まれた彼は、幼い頃から絵本の挿絵を眺め、物心ついた時には絵を描き始めていたという。1954年、パリにある応用美術学校に入学。在学中からプロのBD作家として仕事を始め、2年生の頃には、日本でも馴染深いベルギーのBDの古典『タンタンの冒険』をフランスで初めて掲載した雑誌「クール・ヴァイヤン」に作品を発表した[1]。しかし、同誌での仕事にあまり満足しなかったという彼は、約27ヶ月の兵役を終えた後、憧れだったベルギーのBD作家ジョセフ・ジラン(通称:ジジェ)の「生徒[2]」として、彼の仕事を手伝うようになる。

ところで、日本の漫画にも「青春もの」「恋愛もの」「スポ根もの」などがあるように、フランスのBDも「冒険もの」「スパイもの」「ヒーローもの」「SF」などとジャンル分けされるのが一般的である。なかでもフランス読者に人気が高かった ── いや、今も人気が高いのが「西部劇」というジャンルだ。ジジェも子ども向けBD雑誌「スピルー」で『ジェリー・スプリング』という西部劇を連載しており、ジローは1年間、そのペン入れを担当しながらジジェの技術を学んでいった。

幼い両親が離婚し、父不在で育ったジローにとって、ジジェは“父親”のような存在だった、とジロー自身振り返っている。一方のジジェは、ジローの持つ技術・才能に早々と気づき、驚異を感じていたようだ。後年、ジローについて彼はこう語っている。

私に言わせればジルは怪物です。冗談半分に「BD界のランボー」と呼んでいるほどです!実際、彼の才能と独創性は恐ろしいものですよ。(中略)彼の絵と構図の完成度はまるで魔法ですよ。写実的な画風の作家の中で一番だと言っていいでしょう。私は彼の才能に本当に惚れ込んでいるんです。[3]

そんな彼の才能に惚れ込んだ人物がもう1人いた。1959年に創刊されたBD雑誌『ピロット』で一時編集長を務めると同時に、BDの人気原作者でもあったジャン=ミシェル・シャルリエだ。1963年、当時25歳のジローの写実的で、かつ緻密な絵を見たシャルリエは、すぐさま彼と一緒に新作の連載を始めようと誘いかけた[4]。そして生まれたのが、その後2005年まで40年以上の長きに渡って続くこととなるジャン・ジローの代表作『ブルーベリー』だったのだ。

圧倒的な画力で描かれる「アンチヒーロー」の活躍譚

『ブルーベリー』は、南北戦争が終わったアメリカを舞台に、荒くれ者の保安官マイク・スティーブ・ドノヴァン、通称ブルーベリーの活躍を描いた西部劇。ボサボサ頭に無精髭、くたびれた格好で葉巻をふかし、酒をあおって博打を打つ正義感の強いガンマン ── 子ども向けの“安穏[5]”としたそれまでのBD界に登場したアンチヒーローは、多くの読者を魅了したようだ。

『ブルーベリー』シリーズは、ジャン・ジローが「メビウス」としての創作活動で、世界的アーティストになった後も、「ジャン・ジロー」もしくは「ジル」によって生み出し続けられた。シリーズは28巻まで続き、このほか『ブルーベリーの青春時代』(1975年〜、既刊20巻)、『保安官ブルーベリー』(1991〜2001年、全3巻 ※ジローは原作者で絵は担当せず)などのスピンオフ作品も発表されている。

このうち、日本語で楽しめるのは、2012年にエンターブレインから出た『ブルーベリー[黄金の銃弾と亡霊]』に収録されている、シリーズ11巻「彷徨えるドイツ人の金鉱」、12巻「黄金の銃弾と亡霊」(いずれも1972年刊行)、そして1990年に発表された23巻「アリゾナ・ラブ」の3作品だ。

前2作は、『ブルーベリー』シリーズでも人気の高い作品といい、金鉱のありかをめぐり、ブルーベリーをはじめ、一筋縄ではいかない登場人物たちの駆け引きや戦いが繰り広げられる。一方の「アリゾナ・ラブ」は、制作途中に原作者であるシャルリエが亡くなり、物語の後半はジローがまるまる脚本を担当することとなった作品(23巻以降は、すべてジローが原作・作画を担当した)。前の2作品と比べるとストーリーに派手さはないが、ブルーベリーと、彼が愛した美しい踊り子チワワ・パールとの映画のような“大人の駆け引き”が描かれている。

なお、前2作品と3作目は発表された時代が異なることから、ジローの描くグラフィックの変化も楽しめる。筆とペンを使って描かれた前2作は、人物の表情、背景、そして光と陰が精巧、かつダイナミックに描かれており、3作目の線画はよりシンプルになっていて「メビウス」にも通じるような洗練された描写になっている。いずれにしても、出てくるキャラクターの“カッコよさ”もさることながら、ジローの抜きん出た画力、そしてその緻密な書き込みの量に、ページを開いた瞬間に圧倒されることは間違いない。

ジャン・ジローを超える「メビウス」の存在

「メビウス」として有名になった日本では、「ジャン・ジロー」の名前が取り上げられることは非常に少ない。しかしBDの翻訳を手がけ、日本語版『ブルーベリー』の翻訳者でもある原 正人さんによると、フランス本国の一般的なBD読者の間では「ジャン・ジロー」―『ブルーベリー』シリーズの作者―としての知名度の方が圧倒的に高いという。

そんななか、メビウスではなく、ジャン・ジローの作品に影響を受けたと公言する日本の漫画家がいる。『孤独のグルメ』などで知られる故・谷口ジロー氏だ。1970年代後半、とある雑誌でモノクロの『ブルーベリー』を見たという谷口氏は、ジローの柔らかい線のタッチで描かれた「アメコミのようなスーパーヒーローではなく、生身の人間のリアリズム」に、「体が震えるほどの衝撃を受けた」[6]と語っている。谷口氏にとって、ジローのデッサン、表現の仕方、構図、キャラクターの作り方……全てが完璧に見えたというのだ。

メビウスと谷口ジローの共著『イカル』(メビウス原作、谷口ジロー漫画、長谷川たかこ翻訳、ジャン・アネスティ編集協力、美術出版社、2000年)

それでも50代になったジローは、とあるインタビューで、『ブルーベリー』にはいくつもの「気に入らないカット」があると告白する。そして、時には作品が「やむを得ない結果」に終わってしまったこともある、とした後、「ジャン・ジロー」と「メビウス」とを比べてこう語る。

「メビウスにはやむを得ない結果なんてないんだ。なぜならメビウスは間違わないからね」[7]

完璧な画力で超人気シリーズを長年続けたジャン・ジローが、自分と比べて「間違わない」と断言した「メビウス」というアーティストはどのような人物だったのか。次回2回に分けて、「メビウス」としての彼の人生にも迫ってみたい。

取材・文:周東淑子
監修:原正人
撮影:林 和也

【参照】
【BD研究会レポート】メビウス追悼 ダニエル・ピゾリ氏が語るメビウス〔メビウス編〕
『メビウス博士とジル氏』(ヌマ・サドゥール著、小学館集英社プロダクション、2017年)
『ブルーベリー[黄金の銃弾と亡霊]』(ジャン=ミシェル・シャルリエ作、ジャン・ジロー=メビウス画、原正人訳、エンターブレイン、2012年)

【注】
[1] 『メビウス博士とジル氏』サドゥール、p35

[2] 同、p38
[3] 同
、P39-40
[4] 『ブルーベリー』解説より。ダニエル・ピゾリ
[5] 同
[6] 『ブルーベリー』谷口ジロー氏の寄稿参照
[7] 『メビウス博士とジル氏』サドゥール、p248-249

レイヤー表現が開拓するドットの新たな可能性 ── インディーゲーム『The Last Night』圧倒的ビジュアル

COLUMN

GAME

2018.08.10 FRI

煌びやかなネオンが光り輝き、水面に映る滑らかな景色と繊細なドットが入り混じるトレーラーを見て、胸を掴まれないものはいないだろう。

『The Last Night』は、Odd Talesが開発を手がけるサイバーパンクアドベンチャーゲーム。本作の舞台は、コンピュータや機械が人間に代わり、あらゆる単純作業を行なう世界だ。生まれてまもない乳児の脳内にチップを埋め込むことにより、その人生を完全にコントロールしている。

プレイヤーが操作するのは「二級市民」として扱われている主人公のチャーリー。彼は幼少期の事故により、チップを埋め込むことができなかった。主人公として、街の探索をしながら他の市民と会話をすることや、銃撃戦への参加が可能だ。

E3 2017の開幕直前に行われた「Xbox E3 2017 Briefing」で初めて公開されたこのトレーラーは、ビジュアルの美しさから海外メディアより絶賛を受けた。

全ての始まりはたった6日間で開発されたゲーム

ゲームクリエイターが集まり、サイバーパンクをテーマに短時間でゲーム制作を行う「Cyber Punk Game Jam」。2014年に開催されたこのイベントで、フランスのTim Soret氏が6日間で開発し、優勝を勝ち取ったFlashゲーム『The Last Night』は、ブレードランナーやFlashback (1991)、Another World (1997)、Oddworld: Abe’s Oddysee (1997)など、多くのゲームからインスピレーションを受けた。

シンプルなゲームだが、サイバーパンクの世界観をうまく捉えたビジュアルは高く評価され、彼の制作した『The Last Night』は総計256本ものゲームの頂点に輝いたのだ。

その後、彼は新スタジオOdd Talesを設立し、製品版『The Last Night』の本格的な制作に取り掛かった。2012年にカルティエのアートディレクターとして、香港で働いていたSoret氏。その経験と、目に焼き付いた香港の街並みが、制作に大きな影響を与えている。

また、映画『ブレードランナー』や押井守監督によるアニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などが、ビジュアルを確立する上での基盤となっているそうだ。

さらなる進化を遂げる製品版の圧巻のビジュアル

Unity 5.6のエンジンを使用し、背景のほとんどがドット絵で描かれている『The Last Night』だが、驚くべきところは、大部分が手描きで作られているところだ。

さらに、映像を見た際に3Dのように見えたビジュアルは、実際は2D。シーン内に、何層にもわたって板ポリゴンに貼られたドット絵を配置することで、カメラが動いた時に立体的に見えるよう設計されている。そこに、エフェクトやライティングが足されることで、よりビジュアルに自然な遠近を感じさせているのだ。

少人数で進められている制作メンバーに、新たに22歳という若きピクセルアーティスト、Brendan Sullivan氏が加わった。彼によって描かれた空飛ぶ車が公開されているのだが、『The Last Night』のビジュアルが、より強化されたことは間違い無いだろう。

視覚だけではなく、聴覚からも伝わる世界観

そして、もう一つ注目すべき点がある。トレーラーで使用されている音楽だ。エレクトロニックアーティストLornの”Acid Rain”を、サウンドデザインなども担当しているJoe Kataldo氏が、効果音も含め5.1チャンネルでミックスしている。

目から入り込む情報のみならず、耳からも世界観を演出しているのだ。重低音と電子音、そしてLornの独特の歌声がサイバーパンクの舞台にしっかりと寄り添う。

2018年内の発売が予定されているが、ゲームの全貌がほとんど明らかではない本作。だが、この素晴らしいトレーラーを見てしまったら、期待せずにはいられない。

Odd Tales
http://oddtales.net/

文:谷津有香

放たれる弓から響き渡る音『ツルネ―風舞高校弓道部―』青春がこだまする

NEWS

ANIME

2018.08.15 WED

2018年10月よりNHKにて放送が開始となる『ツルネ―風舞高校弓道部―』。本作の第2弾PVが公開された。

「ツルネ ―風舞高校弓道部―」は弓道部を舞台に、弓引きにとって重大な病を抱えている鳴宮湊が、弓道を通して仲間との絆を深めていく青春ストーリー。綾野ことこの同名小説を原作とした作品だ。

人を魅了する弦音(ツルネ)を想像させるPV

アニメーション自体は、京都アニメーションが制作することもあり自然と期待が膨らんでいたのだが、公開されたPVで最も際立つのは音の豊かさ。

弓を引いた際にしなる音が、静寂の中響き渡っている。PVではここで止まってしまうのだが、この先の、弦音や矢が的に当たる音も自然と想像してしまう。

タイトルの『ツルネ』というのは、弓矢が発射する瞬間に、放たれる弦から出る音のこと。上手く引けると弓から矢が発射される瞬間に綺麗な弦音(ツルネ)が鳴り、弓道場にこだまする。

コミックマーケット94にて展示された原画

先日行われたコミックマーケット94にて、アニメ本編で実際に使用されている生原画が展示された。目の処理の仕方や、衣装などの細かな設定がメモ書きされた原画が多くの来場者の目に触れていた。

ツルネ―風舞高校弓道部―
http://tsurune.com/

@綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会